第3回 リコリタ的キャンドルナイト開催決定!

リコリタ的キャンドルナイト

こんにちは、リコリタの真田です。
昨年から実験的にスタートしている、リコリタ的キャンドルナイト。
ろうそくを灯して楽しい時間を過ごす実験として、
いつもはデジタルゲームで遊んでる我々も、
キャンドルナイトの日くらいは、電気を使わないで、
アナログゲームなどで楽しく遊んじゃう、そんなイベントでしたが、
今回は、なんと、「秋葉原カルチャーカフェ シャッツキステ」さんが、

「一緒にキャンドルナイトしませんか!?」

なんてご提案してくれました!!!
クリスマスは事業仕分けで中止って聞いてたのに、なんかすげー楽しそうな悪寒w

第3回 リコリタ的キャンドルナイト
http://licolita.org/candle/ck04_join.html


詳しくはリンクを、ということで、
なにとぞ宜しくをば。

at 18:48, uchimizukko, キャンドルナイト

comments(0), trackbacks(1), - -

リコリタ的キャンドルナイト参加者募集のお知らせ

来たる6月21日(日曜日)19時から、秋葉原・リコリタ本部にて、第2回リコリタ的キャンドルナイトを開催いたします。
主に、ろうそくを使ったボードゲームで遊びます。

今回は、ろうそく鬼ごっこボードゲーム「森の影あそび」で遊ぶと同時に、
リコリタアナログゲーム部が鋭意制作中の、都市伝説創作ゲーム「偽耳袋(仮)」のテストプレイを行います。
つきましては、しょうもない遊びに付き合ってくれる憐れな犠牲者を若干名募集します。
我こそはという酔狂な方は、下記のメールアドレスよりメールを下さい。
応募締め切りは6月19日の17時まで。
もしも、万が一、ひょっとしたら、何かの間違いで、参加応募が多数あった場合は先着順とさせていただきます。
続きを読む >>

at 15:33, uchimizukko, キャンドルナイト

comments(0), trackbacks(0), - -

リコリタ的キャンドルナイト 準備編その1

キャンドルナイトの遊びとして、どうしてもやりたかった事がある。それは「百物語」だ。みんなで集まってろうそくを百個並べ、怪談を1つ語る度にろうそくを一つ吹き消すという、あの遊びである。しかし、普通の人間は現実には恐怖体験という物はそうそうできるものではない。誰かからオリジナルの怪談話を聞くような機会もそうそう無いだろう。だから、誰でも参加できる百物語ゲーム、怪談を自動的にでっち上げていくようなアナログゲームを作ることにした。それが「偽耳袋プロジェクト(仮)」だ。

「偽耳袋(仮)」がどういうゲームか簡単に説明すると、都市伝説の要素を書いた「噂カード」と「結末カード」をプレイヤーに配り、プレイヤーはカードを基に順番に1文か2文ずつ都市伝説を語っていき、手札を全て消費して、自分の結末カードに書かれた結末にお話を持って行けたプレイヤーの勝ち、というゲームだ。
ルールは、「ワンスアポンアタイム」という、手札の単語を基に西洋風のおとぎ話を作っていくというカードゲームが基になっている。単語カードを消費し尽くして、結末カードに辿り着いた人の勝ちであるという勝利条件などはワンスアポンアタイムのものをほぼそのまま拝借している。それ以外のルールは独自の物に変更し、カード内容も全てオリジナルの都市伝説的な物を作ったが、とりあえずこのβ版で第1回目のテストプレイを行うことにした。これはその第1回テストプレイのレポートである。
続きを読む >>

at 16:03, uchimizukko, キャンドルナイト

comments(0), trackbacks(0), - -

リコリタ的キャンドルナイト はじめに

キャンドルナイト」というイベントがある。平たく言うと「夏至と冬至の夜ぐらいは、電気を消してロウソクの明かりで過ごしてみるのもエコでいいんじゃないかしら」というイベントである。ちなみに夏至は6/20辺り、冬至は12/23辺りである。

だが、困ったことに我々リコリタは、電気を消すとやることがない。パソコンは使えないしゲームも出来ない。イチャイチャする恋人もいない。みんなで集まってろうそくの灯りで本を読むというのもなんだか寂しいものだ。
そこで、ろうそくで遊ぶことにした。
リコリタ的キャンドルナイト、ろうそくで遊ぶ夜である。
続きを読む >>

at 15:58, uchimizukko, キャンドルナイト

comments(0), trackbacks(0), - -